WEB会議を導入する場合の注意

企業の多くはその情報システムをIT化し、高いレベルでの業務効率化を実現していますが、これに伴いWEB会議を導入しているところも増えています。

WEB会議は意思決定を行う際に会議室などの1カ所に集まることなく奇跡で簡単に会議を行えると言うメリットがあるため、移動時間の短縮や意思決定の効率化の上では大きなメリットがあるとされています。


これにより業務効率化や会議の効率化を図っているところも非常に増えていますが、実際の業務に対しての影響を考慮せずに導入し、思わぬ問題を抱えてしまっているケースもあるので注意が必要です。



近年では企業において社員一人一人がパソコンを利用するケースが増えています。



様々な書類作成や社内の意思疎通においてパソコンを通じて社内インフラを利用していると言うケースも少なくありません。


その際に不用意にWEB会議を導入するとこれらの業務に支障をきたす危険性もあるため十分な注意が必要です。

特に中小企業においては1台のパソコンに置いて様々な業務をこなしていることも多く、このパソコンでWEB会議を行うと全体のパソコンの稼働率が下がり、実際の業務の停滞を招く危険性もあるのでよく検討することが重要です。
WEB会議は大きな会議室なのでメンバーを集めて意思疎通を図ると言う手順を踏む必要がなく、効率よく意思決定ができると言うメリットがあるのですが、その反面大きな負荷を社内インフラに与えると言うデメリットもあります。



そのため、導入する際にはこれらの影響を十分に考慮し、相対的な効果を十分に検討した上で導入することが重要です。